お祝いに花を贈る

Pocket

お花をお祝いに贈る場合、結婚式、棟上げ式、新築祝い、引っ越し祝い、移転祝い、開店祝い、事務所開き、選挙事務所開きなどには花輪や胡蝶蘭が人気です。逆に他の花はあまり贈らない傾向があます。欧米のように、いろいろなお祝いやちょっとしたことにも花をプレゼントするという風習は、日本にはあまりありませんでした。そのため花は特別なときの贈り物というイメージが強く、種類も大体胡蝶蘭が人気です。胡蝶蘭には花言葉としてもいろいろな意味があり、どの花言葉もお祝いに向いているといえます。

胡蝶蘭「幸福が飛んでくる」という花言葉は、胡蝶蘭の花の形が蝶のように見えることから、飛ぶというイメージがあり、品の良い、凜としたイメージから幸福が飛んでくると言われているのです。他にも「繁栄のシンボル、繁栄の喜び」という意味も。胡蝶蘭は美しい花がつらなっているところから、子孫繁栄などの花言葉があります。結婚祝いや移転祝い、新居祝いなどにもぴったり。また仕事の繁栄という意味でも事務所の移転祝いや、開店祝いなどにもおすすめ。

そして他の花に比べ、最低限の条件を守れば長く安定して楽しむことができます。約1~2カ月間も咲き続けることも。そんなところから「安定」という花言葉もあります。事務所や店舗など室内でも育つので開店、移転祝いにも最適です。

そして「上品」「愛と美」「清純」「あなたを愛する」という花言葉もあり、本来はさまざまな贈り物として使える花です。もちろん他の花でも、花はもらった人にとっても気分の良いものです。しかし胡蝶蘭はここでご紹介したように、花のイメージから言われている花言葉から見ても、お祝いには最適と言えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です